日本のご飯に欠かせないお味噌汁

2018/ 03/ 14
                 
 こんばんは~(^-^)/


 今日は上着を着ているとちょっと暑いくらいの良い天気でしたね(^_^)
奥さんの病院に行っていたので更新が遅れてしまいました(汗)

 日本人のごはんには欠かせない物ってありますよね?
そう!お味噌汁です。
最近はインスタントお味噌汁の種類も増えて手軽においしく頂けますよね。
私も時々はお世話になってますw

 ですが、やっぱり自分で作った方が好きな具材を入れて食べれて良いですよね。
ということで今回はお味噌汁の作り方を載せていきます(^-^)/


 使う食材を紹介します
CIMG1110 (640x480)
写真左から絹豆腐・タマネギ・乾燥わかめの3種類


 使う調味料はこれだけ
CIMG1106 (640x480)
写真左からかつおだし(顆粒タイプ)・お味噌

今回の分量はかつおだしのパッケージの規定量に沿って4人前の分量になります。
お味噌汁】(4人前)
タマネギ・・・1/2玉
絹豆腐・・・半丁(1/2パック)
乾燥わかめ・・・適量
水・・・600ml
かつおだし(顆粒)・・・小さじ1
味噌・・・適量


 STEP1
まずはタマネギを切ります。
下の写真みたくタマネギの頭とお尻を切ります。
こうする事で、タマネギの皮が剥きやすくなりますよ(^-^)
CIMG1112 (640x480)

皮を剥いたら包丁で縦半分に切ります。
CIMG1114 (640x480)
この時、下の写真のようにタマネギの芯の部分を取り除いてあげます。
そうすると煮たり炒める時にちゃんとばらけて調理し易いですよ(^_^)
CIMG1115 (640x480)
芯を取り除いたら写真に写っているようにタマネギを寝かせて幅3~5mm程度に切っていきます。
CIMG1117 (640x480)
切り終えるとこんな感じです。
CIMG1118 (640x480)


 STEP2
タマネギを煮込んでいきます。
鍋に水600mlとかつおだし(顆粒)小さじ1をいれます。
CIMG1111 (640x480)
そして、タマネギを入れて蓋をして火に掛け、タマネギに火が通るまで煮込んでいきます。
火加減は中火が丁度良いかなと思います。
下の写真のようにタマネギが透明になってきたら大丈夫です(^_^)
CIMG1119 (640x480)


 STEP3
絹豆腐を切って鍋に投入します。
まな板の上で切っても構わないんですが、手の平に乗せて切った方が崩れずにくくていいと思います。
好きな方法で切ると良いですよ(^_^)
CIMG1120 (640x480)
手のひらに乗せて切ると下の写真のような感じです。
真ん中から横に切れ込みを入れて、後は縦・横に切っていけばサイコロ状に切れます。
豆腐は柔らかいので、ゆっくり包丁を入れても切れますので、力んで自分の手を切らないで下さいね(^_^;)
CIMG1121 (640x480)
鍋に入れる時はお湯が跳ねないように注意して入れて下さいね。


 STEP4
お味噌入れます。
豆腐はすぐに火が通るので豆腐を入れたら、そのまま味噌を溶き入れます。
味噌を溶かすのに役立つ道具がこちらの小型泡立て器
CIMG1125 (640x480)
この小型泡立て器、「ダイソー」で簡単に手に入ります♪
オタマに味噌取って溶かすのに非常に便利です!

味噌を適量オタマで取ります。
この時、いきなりたくさん味噌を取ると、後でとんでもなくしょっぱくなるので少ない量から好みの味に調整してください。
CIMG1126 (640x480)
後は写真下のように泡立て器で溶かしていきます。
泡立て器がなくても菜箸(さいばし)でも溶かせるので大丈夫ですよ( ^ω^ )
CIMG1127 (640x480)
味噌を溶かし終えたら火を止めます。
味噌はずっと煮込むと香りが飛んでしまうので完成直前に入れます。


 STEP5
最後に乾燥わかめをお好み量を入れて蓋をして5分程置けば完成です。
CIMG1128 (640x480)


 FINISH
お椀に移して完成♪
CIMG1129 (640x480)


昨日の夕飯は
ごはん
味噌汁
サニーレタスのグリーンサラダ
チキンステーキ
でした。


 今回作ったお味噌汁はスーパーで安く買えるような食材で作りました。
タマネギ・豆腐は料理でよく使うので常にストックしておくと便利ですよ(^_^)
好きな具材を入れて自分好み味噌汁を作ってくださいね。


 見栄えよりも美味しいと言ってもらえる事が大事ですよ( ^ω^ )




にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント