FC2ブログ
        

1:1:2の割合が肝心!お刺身を一段と美味しくする方法♪

2018/ 05/ 16
                 
 こんにちは~(^-^)/


 今日も天気が良くて気持ちが良いですね。


 今回はお刺身をちょっと一工夫するだけで格段に美味しく頂けるレシピをご紹介します。


 材料をご紹介します。
CIMG2254 (640x480)
イナダ・大葉

 調味料はこちら
CIMG2249 (640x480)


二人前の分量です。
イナダの漬け丼】(二人前)
イナダ・・・半身(一サク)
大葉・・・4枚
ごはん・・・2杯(お好みの量で)
しょうゆ・・・60ml
みりん・・・30ml
酒・・・30ml
ワサビ・・・適量(お好みで)
我が家は基本薄味です。


 STEP1
煮きりしょうゆを作っていきます。

煮きりしょうゆはお寿司屋さんで、マグロ等にハケで塗っているしょうゆの事です。

小さめの鍋に酒・みりんを入れます。
CIMG2250 (640x480)

アルコールを飛ばす為に火に掛けます。

火加減は中火です。

沸騰して泡がたくさん出てくるまで火に掛けます。
CIMG2251 (640x480)

沸騰したらしょうゆを入れて火を止めます。

これで、煮きりしょうゆの完成です(^_^)

酒・みりん・しょうゆの割合=1:1:2と覚えておけば分量を変えても作れます。
CIMG2252 (640x480)

器に移してしっかり冷ましておきます。
CIMG2253 (640x480)


 STEP2
大葉を軽く洗ってキッチンペーパーで水気取ります。
CIMG2256 (640x480)

4枚の内2枚だけ切ります。

写真左:縦半分切ります。
写真右:2mmくらいの細切りにします。
CIMG2255 (640x480)CIMG2257 (640x480)
残りの2枚は盛りつけの時に使います。


STEP2
イナダを切っていきます
CIMG2258 (640x480)

写真の黄色の線で囲んだ部分に中骨が残っているので切り取ります。
snap_mayutosa2_201853114725.jpg

切り取ると下の写真のようにお腹の部分背中の部分とに切り分ける事が出来ます。

中骨の部分は使いません。
CIMG2260 (640x480)

あとは包丁を斜めに傾けてなるべく薄くなるように切っていきます。

魚の身を切る時は包丁の根本から刃を入れて切っ先まで使って引くようにして切って行きます。
CIMG2262 (640x480)

 STEP3
切り終えたら、ジップロックに入れます。

ジップロックが無くてもバットなどに並べれば大丈夫ですよ(^_^)
CIMG2264 (640x480)

冷ましておいた煮きりしょうを入れます。
CIMG2265 (640x480)

ジップロックを使った場合は大きめのボールに水を入れてその中にジップロックの口近くまで浸けます。

中に水が入らないように気をつけて下さい。
CIMG2266 (640x480)

空気が抜けたらチャックを閉めます。

これで真空に近い状態になります。
CIMG2267 (640x480)

バットを使う場合は並べた刺身に煮きりしょうゆを掛けてラップをします。

あとは冷蔵庫に入れて30分程置いておきます。

漬け込みすぎるとしょっぱくなって身が締まりすぎてしまうので気をつけて下さい(^_^;)


 FINISH
ドンブリにご飯をよそって、飾りの大葉、イナダ、漬けしょうゆをかけて刻んだ大葉を載せて完成です♪

お好みでワサビも添えるといいですよ(^_^)
CIMG2268 (640x480)


昨日の夕飯
いなだの漬け丼
味噌汁
キャベツのサラダ
でした。


 イナダはブリの子供でブリほど脂は乗っていませんが、お手頃な価格で半身が買えるので良いですよ(^_^)

少し臭みがあるので、ご紹介した煮きり醤油などに浸けて食べると気にすることなく美味しく頂けちゃいます♪

この漬け丼はそのまま食べても美味しいですし、ちょっと一工夫しておダシを掛けてお茶漬けにしても美味しいです。


普段、匂いが気になるお魚でも一工夫するだけで格段に美味しく食べれるので是非、試してみて下さい(^_^)


 見た目よりも美味しいと言ってもらえる事が大事ですよ(^-^)/




にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント