FC2ブログ
        

茎を先に入れることがコツ!小松菜を使ったレシピ♪

2018/ 08/ 11
                 
 こんにちは~(^-^)/


 今日辺りからほとんどの人がお盆休みに入っている頃でしょうか。

みなさん、事故なくケガなく楽しい休日をお過ごし下さいね(^_^)


 今回は栄養価の高い葉物野菜の1つ小松菜を使ったレシピをご紹介します。


 材料をご紹介します。
CIMG3650 (640x480)
豚小間切れ肉・小松菜・タマネギ

 調味料はこちら
CIMG3651 (640x480)
塩・コショウ・しょうゆ・鶏ガラスープの素・酒・油・ゴマ油


 2人前の分量です。
豚肉と小松菜の中華風炒め】(2人前)
豚小間切れ肉・・・約250g
小松菜・・・1袋
タマネギ・・・1/2個
塩・・・1つまみ
コショウ・・・少々
しょうゆ・・・小さじ1
鶏ガラスープの素・・・小さじ1
酒・・・小さじ1
油・・・小さじ2
ゴマ油・・・少々
我が家は基本薄味です。


 STEP1
小松菜は根本に土が付いているのでしっかりと洗います。
CIMG3652 (640x480)

洗い終わったら、根本を切って5cmくらいの長さに切ります。

切り終わったら、バットなどに移しておきます。
CIMG3653 (640x480)

タマネギは頭と根本を切って皮を剥き、
縦半分に切って3mmくらいの厚さに切ります。
CIMG3654 (640x480)

豚小間切れ肉は一口大の大きさに切っておきます。
CIMG3655 (640x480)


 STEP2
フライパンを火に掛けて油を入れます。

火加減は中火です。

フライパンが温まったらタマネギを入れて炒めていきます。
CIMG3656 (640x480)

タマネギの周りが半透明になってきたら、端に寄せて豚肉を炒めます。

一旦タマネギを別の皿に移して肉だけ炒めるのも有りです。
CIMG3657 (640x480)

お肉にある程度火が通ってきたら、酒を入れてタマネギを炒め合わせていきます。
CIMG3659 (640x480)

炒め合わせたら、小松菜の茎の部分を入れて2分ほど炒めていきます
CIMG3660 (640x480)

2分炒めたら、葉の部分を入れて炒めます。
CIMG3661 (640x480)

葉がしんなりしてきたら塩・コショウ鶏ガラスープの素・しょうゆを入れて炒めます。、
CIMG3663 (640x480)

最後にゴマ油を掛けて軽く炒めて火を止めます。
CIMG3663 (640x480)


 FINISH
お皿に盛って完成です♪
CIMG3665 (640x480)


 昨日の夕飯
ごはん
味噌汁
リーフレタスのハムサラダ
豚肉と小松菜の中華風炒め
でした。


 仕上げにゴマ油を掛けることで香りが立って食欲をそそります。

小松菜は茎を先に炒めたのでシャキシャキ感を残しつつもちゃんと火が通っていてとても美味しかったです。


 小松菜やチンゲンサイの茎は火が入りづらいので、
炒める時は茎を先に炒めると葉の部分がしなしなになり過ぎずに
仕上げることが出来ます。

  見た目よりも美味しいと言ってもらえる事が大事です(^_^)




にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

こんにちは。レシピに書かれている「酒」には、何を使用されているのですか? 写真を見るに、日本酒でしょうか。
日本酒には純米酒や本醸造酒など種類がありますが、何を選べばよいのでしょう。
それとも、「料理酒」と銘打たれたお酒を買うのがよいでしょうか。
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます(^_^)


私が普段料理に使っているお酒はスーパーなどで売っているパックの安い日本酒です。
例)白鶴まる・月桂冠など

料理を本格的にこだわって作りたいのなら雑味の少ない純米酒を選んだ方が良いのかなと思います。

ただ、吟醸酒から上のランクのお酒は独特のフルーティーな香りが強いのでそちらはあまりオススメしません(汗)



もちろん「料理酒」でも全然大丈夫です!
「料理酒」はお酒の中に塩が加わってますので煮物の味付けの時は塩加減に気をつけて下さい(^_^)


私もまだまだ知らないことも多いのでお互いに頑張りましょう!