FC2ブログ
        

野菜を塩で茹でる理由

2018/ 08/ 14
                 
野菜の下処理をする際、お湯に塩を入れて『塩茹で』をしたりします。

なぜ『塩茹で』をするのか?

もちろん、食材に下味をつける意味もありますが他にどんな効果があるのか書いていきます。


野菜を『塩茹で』する理由


塩茹で』は主に青野菜(ほうれん草・小松菜・ブロッコリー)などで行います。

野菜は茹でると色が段々と暗い色に変わっていきます。

そうすると、料理が出来上がった時に見た目も悪くなります。

この変色を防いで、野菜の緑を鮮やかにする方法が『塩茹で』なのです。

塩を入れて茹でる事で野菜に含まれる葉緑素(植物を緑に見せている物質)がお湯に溶け出さずに安定して色味を良くしてくれます。

また、茹でてる時の栄養素が流れ出るのを軽減してくれます

ただし、この『塩茹で』は野菜によってはシワが寄ったり、硬くなったりするので使い方は間違えないように気をつけましょう。
CIMG1353 (640x480)


まとめ
塩茹で』の理由
・下味をつける為
・野菜の緑色を鮮やかにする為
・栄養素を逃さない
といった事が挙げられます。




にほんブログ村 
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント