FC2ブログ
        

玉子とトマトを使ったふんわり玉子レシピ♪

2018/ 08/ 18
                 
 こんにちは~(^-^)/


 お盆が過ぎてから大分暑さが和らいで、風が気持ちよくなってきました(^_^)

先程、パソコンを起動してネットに接続したらビックリすることが起きました(汗)

いきなり『windows7 システム警告』というウインドウが出てきて、
222秒以内に更新しないとプログラムが壊れるという内容が表示されたんです。

一瞬、更新ボタンをクリックしようかと思ったのですが、ふと冷静になってスマホでこの状態が何なのかググってみました。

そしたら、この表示は『詐欺警告』だとのこと。

下手にクリックするとウイルスに感染したり、有料のソフトウェアを買わされるみたいです。

私の場合はPCを強制終了する形になりましたが、特に問題無くこうして記事を書いています(^_^;)

もし、知らずに更新すると大変なことになるので対策が書いてあるサイトのリンク貼っておきます。
>>windows詐欺警告について 


 話は長くなってしまいましたが、数日ぶりにレシピをご紹介します。

今回は玉子とトマトを使ったレシピです。


 材料をご紹介します。
CIMG3690 (640x480)
トマト・玉子・しめじ

 調味料はコチラ
CIMG3691 (640x480)
塩・コショウ・鶏ガラスープの素・しょうゆ・油・ゴマ油


 2人前の分量です。
玉子とトマトの中華風炒め】(2人前)
玉子・・・4個
トマト・・・中玉2個
しめじ・・・1袋
塩・・・少々
コショウ・・・少々
鶏ガラスープの素・・・小さじ1
しょうゆ・・・少々
油・・・大さじ1・小さじ2
ゴマ油・・・少々
我が家は基本薄味です。


 STEP1
しめじは石づきを包丁で切ります。
CIMG3692 (640x480)

切り終えたら、手でほぐしてバットなどに移しておきます。
CIMG3693 (640x480)


トマトは洗ってヘタの部分を包丁でくり抜きます。
CIMG3694 (640x480)

ヘタの部分を逆さにして1cmくらいの厚さに切ります。
CIMG3696 (640x480)

切り終えたらサイコロ状に切って器に移しておきます。
CIMG3695 (640x480)

玉子はボールに割って塩を少々振り溶いていきます。
CIMG3697 (640x480)

写真のように白身が結構残ってる状態で止めておきます。

ふんわり仕上げる時は白身を残しておくと良いですよ(^_^)
CIMG3698 (640x480)


 STEP2
フライパンを火に掛けて油を大さじ1入れます。

火加減は中火です。

フライパンが温まったら玉子を入れます。
CIMG3699 (640x480)

玉子を木べらで大きくかき混ぜます

少し固まってきた所で弱火にします

その時も大きく混ぜて下さい。

慣れない内は最初から弱火にして混ぜても大丈夫です(^_^)
CIMG3700 (640x480)

玉子がトロトロの状態で火を止めてお皿に移しておきます。
CIMG3701 (640x480)


 STEP3
フライパンをキッチンペーパーでキレイにして再度油小さじ2を入れて火に掛けます。

気になる方はフライパンを洗ってご使用ください。

火加減は中火です。

温まったらしめじを炒めていきます。
CIMG3702 (640x480)

しめじが少ししんなりしてきたら、トマトを加えて炒めます。
CIMG3703 (640x480)

炒めていると、トマトから水分が出てくるので、この時点でゴマ油以外の調味料を加えます。

味見をして薄い場合は塩で調整します。

調味料を加えたら、さらに3分ほど炒めます。
CIMG3704 (640x480)

3分たったら、玉子を加え軽く炒めわせます。

混ざったら、玉子が硬くならないように火を止めます

玉子を細かくし過ぎないように本当に軽くで大丈夫です。
CIMG3705 (640x480)

火を止めたらゴマ油を軽く廻しかけます。
CIMG3706 (640x480)


 FINISH
お皿に盛って完成です♪
CIMG3707 (640x480)


 昨日の夕飯
ごはん
味噌汁
玉子とトマトの中華風炒め
ポテトサラダ
でした。


 玉子とトマトって意外に相性がよく炒めても美味しく頂けます。

しめじはカサ増しの為に使いましたが、玉子とトマトだけでも問題無いです(笑)

ポイントとしては玉子を炒める時は油を多めにして炒めるのがいいと思います。

その方がすぐに固まらず、ふんわり仕上げることが出来ますよ。


 見た目よりも美味しいと言ってもらえる事が大事です(^_^)




にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント