FC2ブログ
        

苦味がクセになる!おかずにもおつまみにも最適なゴーヤレシピ♪

2018/ 08/ 23
                 
 こんにちは~(^-^)/


 今日も残暑が厳しいです(^_^;)


 前回ゴーヤチャンプルーを作った時の余ったゴーヤを使ってのシンプルなレシピをご紹介します。


 材料をご紹介します。
CIMG3789 (640x480)
ゴーヤ・玉子・小麦粉

 調味料はこちら
CIMG3796 (640x480)
塩・粉チーズ・油・水


 2人前の分量です。
ゴーヤのフリッター風】(2人前)
ゴーヤ・・・1/2本
玉子・・・1個
小麦粉・・・約50g
☆塩・・・1つまみ(塩揉み用)
塩・・・1つまみ
粉チーズ・・・小さじ1
油・・・揚げる用
水・・・少々
我が家は基本薄味です。


 STEP1
写真左上:ゴーヤは洗って縦半分に切ります。
写真右上:スプーンなどを使って中の綿を取り除きます。
写真左下:取り除いた状態。
写真右下:5mmくらいの厚さに切ります。
CIMG3790 (640x480)CIMG3791 (640x480)
CIMG3792 (640x480)CIMG3793 (640x480)


ゴーヤをザルに移して塩揉みをして5分ほど置いておきます
CIMG3794 (640x480)

5分経ったらザルごとボールに移して水ですすぎます。

すすぎ終わったら、そのまま水切りをしておきます。
CIMG3795 (640x480)


 STEP2
ボールに小麦粉・玉子・塩・粉チーズを入れて混ぜていきます。
CIMG3798 (640x480)

玉子だけだとかなりドロッとした生地になるので水を少しずつ加えて
写真のように生地に少し絵を書けるくらいの柔らかさにしておきます。
CIMG3799 (640x480)


 STEP3
鍋に油を入れて火に掛けます。

火加減は中火です。

揚げる適温か判断する方法の1つとして油に菜箸を使う方法があります。

写真だと上手く撮れなかったんですが、菜箸の周りに気泡がたくさん付き始めたら、大体180度くらいになっています。

小さめの鍋を使った方が油の量を節約できます。
CIMG3801 (640x480)

水気を切ったゴーヤを生地に付けて揚げていきます。

あまり、衣は付けすぎないようにしてください(^_^;)

ゴーヤが浮いてきて衣が薄いキツネ色になったら揚げ上がりのタイミングです。
CIMG3804 (640x480)


 FINISH
キッチンペーパーをお皿に敷いて揚げ終わったゴーヤを盛って完成です♪
CIMG3806 (640x480)


 昨日の夕飯
ごはん
味噌汁
豚キムチ
ゴーヤのフリッター風
ニンジンのフリッター風
キャベツとハムのサラダ
でした。


 いつもはゴーヤチャンプルーしか作らないんですがたまには違うレシピを作りたいと考えていたら、昔居酒屋でゴーヤのフリッター食べたこと思い出しました。

そんなこんなで今回のレシピを思いついた訳です(笑)

衣に塩と粉チーズを入れているのでゴーヤの苦味とほんのり塩味が効いていて箸が止まりませんでした♪

衣の塩味が足らない時は普通に塩を掛けて食べても美味しく頂けます。

おかずと言うよりお酒のおつまみに最適です(笑)


 見た目よりも美味しいと言ってもらえる事が大事です(^^)




にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント